おしゃれで使用する

かつらを利用する場合は目的に合わせて選びます。ファッションシーンで利用する場合、価格も安価でバリーションが多いものが多く、カラーも多様にあるため、人工毛で作られることが多くあります。

この記事の続きを読む

医療で利用する

かつらを医療現場で使用する場合、抗がん治療や怪我などが原因で使用することがほとんどです。医療として使う場合は、そのかつらの素材が肌に優しいものが多くあり、その分価格もファッション用に比べると少し高めになります。

この記事の続きを読む

子供用もある

生まれつき髪の毛や頭皮に異常がある場合などのために、子供用のかつらも用意されています。特に伸縮性のあるかつらが多くあるので、より自然に頭にフィットします。価格も今では安い価格で購入することができます。

この記事の続きを読む

オーダーメイドも可能

かつらをより自分好みに仕上げたい人はオーダーメイドで作ると良いです。オーダーメイドでは毛質や形、頭にフィットする部分の素材まで選ぶことができますが、その分既成品のかつらより価格は高くなります。

この記事の続きを読む

かつらの修理

お気に入りのかつらを長年使用していた場合、ものによっては修理することも可能です。特に人工毛の場合、同じ毛質で作ることが可能なので比較的修理がしやすいです。修理価格はものによって様々です。

この記事の続きを読む

最近のかつら

最近のかつらはファッション用途で利用することが多くなっていますが、今では千円ちょっとの価格で購入できるかつらもあります。また、ショッピングモールやファッションビルなどで簡単に購入できるようになっています。

この記事の続きを読む

人気がある

これまで、かつらやウィッグを使用する人は、薄毛などを隠すために利用する人がほとんどでしたが、現在では、ファッションの1部として利用する人が大勢います。
かつらはファッション業界で利用する場合、ウィッグと呼ぶことも多くあります。
かつらには、部分かつらと全かつらがありますが、特に全かつらの場合であれば、その人の雰囲気を大きく変えることが出来ます。
加えて、かつらの毛も人毛と人工毛の2種類あり、それぞれに特色があるので、使用するシーンに応じて変えることでそれぞれの持ち味を活かすことができます。
今では前髪だけの部分かつらなども多くの種類が販売されており、特に若い女性には人気があります。

かつらを使用するときに、ほとんどの場合その目的に応じて好みのかつらを選びますが、かつらのデザインだけでなく、毛質も重要です。
人毛の場合であれば、自分自身の髪質に近い状態になるので、毛触りや光の反射が自然で違和感なく着用することができます。
また、ドライヤーセットができ、長いこと使用していても毛が縮れにくいのが特徴です。
人口毛の場合は、価格も比較的安価であり、多くのカラーや種類があります。
人毛は太陽光によって色が変わりやすくあるのに対して、人工毛は太陽光の影響を受けにくいので、外で多く使用する場合でも、長い間購入時の状態を保つことができるといえます。
このように、人毛と人工毛それぞれに特徴や特色があるので、まずは自分自身が使用するシーンをはっきりさせて選ぶことが大切です。